結婚相談所に入会したからと言って、必ずしも結婚できる訳ではありません。 当たり前ですが、その中でも結婚できている人がいるのも事実。

高いお金を払うのだから確実に結婚相手を見つけたいところ。

どの様にしたら時間とお金を無駄にせずに結婚相談所を利用して成婚退会することができるのでしょうか?

実際に結婚相談所で結婚相手を見つけた人の事例を参考に、その方法をご紹介します。

もくじ

  1. 結婚相談所任せにしない
  2. 凹んでもすぐに切り替える
  3. 自分から積極的に行動する
  4. まとめ♪

結婚相談所任せにしない

多くの人が結婚相談所に入会したにも関わらず結婚相手が見つからず何年もずるずると会員であり続けたり、結婚が決まらずにやめてしまう理由の一つに、「結婚相談所に入会した時点で安心しきってしまって、全てを結婚相談所任せにしてしまう」というところにあります。

確かに結婚相談所は婚活をフォローしてもらう場所ですし、お金を払うのだからある程度のサポートを求めるのは当たり前です。

その気持ちはわかりますが、あくまでも「婚活のプラスα」であるという認識でいた方が上手く行きます。


まず結婚相談所は、出会える人全員が結婚したいという意欲を持っています。
当たり前ですが、普段合コンや紹介などで出会う人は必ずしも結婚願望があるとは限りません。そんな人と出会ってばかりいると、いつまでも結婚できないまま時間だけ過ぎていってしまいます。
ですから、出会える人全員が結婚願望を持っているという事はかなり結婚への近道になるのです。

また、普段出会えない様な人と出会える確率も上がりますし、婚活に関してのアドバイスをもらうことも出来ます。
結婚相談所は、あくまでもこういったサービスを自分の普段の婚活にプラスαするだけなのです。


ですから、ベースは自分が婚活をきちんと進めていかねば何も進展はありません。
そういったプラスαの為にお金を払っているという意識で、結婚相談所を利用しながら婚活を進めていきましょう。

何もかも手取り足取り結婚相談所がやってくれると構えていては、結婚相談所にいつまでも在籍している"主"の様な存在になってしまいますよ。

凹んでもすぐに切り替える

結婚相談所で良いなと思う人を見つけてコンタクトを取って、お見合いをして、デートまでしたのに相手に断られるというパターンはいくらでもあります。

もちろんコンタクトを取った段階で断られるかもしれませんし、お見合いをした段階かもしれません。
タイミングはバラバラにしろ、少しでも良いなと思った相手に断られるのはショックですよね。

特に最初の頃はダメージもでかいかもしれませんが、何回か経験しているとそれにも慣れてきます。
逆に何回も断られ続けると、「自分はもう誰にも好かれないダメ人間かもしれない…」と凹むでしょう。

婚活はいかに短期間で相手を見つけるかが勝負どころでもあるので、自分が「1年以内に結婚する!」と決めたのであれば、その期間は全力投球して婚活をしていきましょう。
凹むのは良く無いという訳ではなく、凹んでもすぐに切り替えて次に行くことが大切です。
あまり長期間凹み続けていると、時間もお金ももったいないですよ。

結婚は一人の人としかできないのですから、その一人を見つける為のステップアップだと切り替えて、ポジティブに婚活をしている人の方がモテます。

自分から積極的に行動する

最後はこれまで書いてきたことに共通することですが、自分から積極的に行動することです。

その内相手からコンタクトが来るだろう、アドバイザーからアドバイスしてくれるだろうと受動的のままでは婚活が前進していきません。

向こうからコンタクトが来ると嬉しいですし、あまり今までは眼中に無い人だったけれど折角コンタクトをくれたし会ってみようかな?という気になりますよね。
意外とそういうところから関係は始まっていくものなのです。

ですからそういったきっかけ作りを自分からしていくだけで、結婚の確率はグンと上がります。
結婚に限らず何事もきっかけ作りや第一歩から世界は広がっていきます。
その一歩を自分から!という勇気を持つだけで、生涯のパートナーは見つかるかもしれませんよ♪

まとめ♪

  • 結婚相談所は自分の婚活の全てでは無く、プラスαのオプションであるという意識で!
  • 凹んでも良し!切り替えはお早めに!
  • きっかけ作りを自分からたくさんしていこう!