結婚相談所に入会して数ヶ月で結婚が決まる人がいるかと思えば、その結婚相談所に何年も在籍している人がいるのも事実。その結婚できる人とできない人の差はどこにあるのでしょうか?

もくじ

  1. 結婚相談所に来たから必ず結婚できるとは限らない
  2. 結婚できる人とできない人の違い
  3. 結婚相談所をうまく活用できるかが結婚への近道!

結婚相談所に来たから必ず結婚できるとは限らない

30代を前に、「そろそろ結婚を」と考えてみたものの、今付き合っている相手はまだ結婚しないのであれば、結婚したい人から相手を選ぶしかありません。
今身近にいる異性のなかで、特に結婚したいと思う人がいないのであれば、結婚相談所を活用し、納得の行く形でいい相手を見つけて結婚しましょう。

ところで、結婚相談所に入会したからといって安心してはいけません。誰もが結婚できるわけではないからです。いつまでも結婚できずに1年以上経過すると、休会や退会してしまう人が増えます。

つまり、真剣に婚活をしない人は、いい人に巡り合えない可能性もあるというわけです。これから婚活を始める方は、結婚できる人とできない人との間には、大きな違いがあるのだと気づいてください。

結婚できる人とできない人の違い

結婚相談所を活用しても、データを平均すると、10%前後の成婚率しかないことがわかっています。これもケースバイケースです。
いくらよい結婚相談所に入会しても、結婚相手に対する理想が高く、なかなか結婚できないことがあります。

特に年齢の高い方は、男性も女性も同じように相手に求める条件が若いころよりも厳しくなり、自分の理想の高さももちろんですが、自分とつり合わない相手を選ぶことが多いようです。
このような場合は、少し条件を緩和することで、よりよい相手が見つかることがあります。

また、結婚できない人は、相手の未来や潜在的な性格を見極めることができません。
また、お相手の短所を一つでも知っただけで、お付き合いを取りやめることがあります。

お相手の長所と短所をしっかりと見極めて、総合的に評価したうえで、お相手のことを判断する必要があります。
お互いによい点、悪い点を持っています。長所をよく見て、ある程度は、許容する形でお相手を選ぶようにすると、結婚へとスムーズに進んでいきます。

結婚相談所をうまく活用できるかが結婚への近道!

結婚相談所は、いろいろな人が登録しています。もちろん、「結婚する」ことが目的の人ばかりです。 真剣なお付き合いや交際だけではなく、結婚までを考えた人ばかりです。それで結婚できないとなるとかなりの問題です。

結婚できない人の特徴がわかれば、次は積極的に結婚相談所を活用することを考えてください。できれば一年以内の短期間で結婚に至るよう、婚活に集中できる環境を整えてください。

結婚相談所ですから、仲人やカウンセラーも自分に合う人をつけてもらい、積極的に素直な自分を出すようにしてください。結婚相談所には、高額な費用を支払うことになります。結婚相談所のサポート体制を、理解ししっかり活用すれば、未来の相手との結婚も早まることでしょう。